2018年4月26日木曜日

ビューホットについて調べてみました

ちょっと気になっているキーワードです。
私の場合は足ですが、もし足汗が本当に止まるなら、やってみたいです。
なので、調べてみました。


ビューホットとは
  • ビューホットは2014年より国内に導入されはじめた、ワキガ・多汗症の最新治療機です。
    ビューホットの原理は、ワキの下の皮膚内部に高周波(RF)を照射してその熱エネルギーで汗腺を破壊し、ニオイや汗を止めるというものです。
    同じく高周波(マイクロウェーブ)でワキガ・多汗症を治療する機器もありますが、それらの機器よりも安全で高い効果が出せるように改良されたのがビューホットです。
    鹿児島三井中央クリニック HPより
  • ビューホットは20分程度で治療は終了しますので手軽にできます。(当日治療可能)
    神戸中央クリニック HPより
  • ビューホットでのワキガ治療について「1度の治療で効果がある」「永久効果がある」と表記しているクリニックは多くあります。個人差はあるものの、1~2回の照射で効果を実感している方も少なくないようです。
    しかし、治療効果の面でも安全性の面でも、ビューホット開発国の韓国を含め、国家機関の認定は受けていません。
    イデア美容皮膚科クリニック HPより
  • 動画での解説
    ガーデンクリニック HPより


ビューホットが対応している箇所
  • 脇汗(腋臭含む)、手汗、足汗、すそわきがなど


値段
  • けっこう高い。保険効かない。いろいろなサイトを見て回ったけど、足の場合は30万前後。


問題はどのくらい効果があるか、です。
私の場合、足の裏ですから、傷跡は多少残ったとしても全然構わないです。


病院のサイト以外での評判
病院は基本良いことしか書かないので鵜呑みにするのは危険です。
なので、そうじゃないサイトを見てみます。
  • ワキガ対策研究所
    →ビューホットの口コミを見てみると、効果があった人と、再発したり効果を感じなかった人は半々です。
  • 美容医療の口コミ広場
    →汗の量は半分ほどに減ったのでその点では楽になりましたが、臭いを完全になくすということはなかなか難しいようです。
  • 美容医療相談室
    →3件のレポートがあり、2件の術後報告と1件の病院の体験談。術後報告は2件とも不満。


ブログ
ビューホット体験記のブログもいくつかありました。
満足している人もいる一方で後悔している人もいます。
ワキガで満足している人は汗はあるが臭いが減ったと書かれています。


Twitter での術後報告
少ないですが、Twitter に術後報告をあげてる人もいます。











といった具合で、効果が得られてないというコメントばかりでした。
これでは受けれないですね。
現時点では様子見かな、という結論となりました。

では。
まるとん

2018年4月25日水曜日

今日の神経の流れる感触(4/25)

今日は午前中雨が降っていました。かなりの勢いのどしゃぶりでした。
その代わり涼しかったのでその時は汗かかなかったです。

午後は雨が止みムシムシになりました。
ももや背中が汗ばんでべたべたし、あと背中が熱くなって不快でした。
そして夜のお風呂上りにお腹から汗がびっしょりと出て、しばらく止まらなかったです。

タイトルに書いた神経の流れる感触ですが、今日はほとんどしなかったです。
ただ今日汗をかいたから、天気次第だとは思うけど、明日以降神経の流れる感じは強くなるのかもしれないです。

ここ最近はTwitterをやっています。
代償性発汗の人や多汗症の人が何人かいて、その人たちといろいろとやり取りをしています。汗の話とかだけじゃなく、オフ会をしようかなんて話題があがったりもしています。
良かったら来てくださいね。


では。
まるとん

2018年4月22日日曜日

祝☆250,000アクセス

本日25万アクセス達成しました。
十数回自分でカウンター回して自分でキリ番取ったのは内緒です。。

20万アクセスになったのが去年の7月のことなので、単純に計算すると1日平均約200アクセスになります。

でも、アクセス状況をチェックすると毎日200人がアクセスしてるんじゃなくて、毎日のアクセス人数はだいたい40~50人ぐらいです。1人が3ページ見たら3アクセスとカウントされるので。。それとたまに集中的に100~200アクセスする人もいて、始めてくる人がまとめて見ているのかな?といった動きをすることもあります。

引き続き、よろしくお願いします。

では。
まるとん

厚木基地開放に行ってきました

今日も神奈川は暑かったです。
予報では27度ということでしたが、そんな中、近所の米軍厚木基地の開放イベントがあったので行ってきました。

日記はこちらから見れます。(Twitterを埋め込んでみました)

2時間半ほど歩き回りました。
汗なのですが、お腹はびっしょりになりましたが、背中からは全然汗が出なかったです。そしておでこから汗がかなり出ていました。

家に帰ってからもしばらくの間おでこから汗が出てて、今までだったら代償性発汗として背中から汗がだらだらと出ていたんじゃないかなぁと思いました。

まだ4月だし、今日だけで判断するのは早いですが、最近の激しい神経の流れと引き換えに汗の出方が変わってきている気がします。少なくとも今日は間違いなく変わっていました。

また気づいたことがあったら、書いてまとめたいと思います。

では。
まるとん

2018年4月20日金曜日

今日の神経の流れる感触(4/20)

今日も4月にしてはすごく暑かったです。
日中お腹側の汗が出てTシャツが濡れるまでになりました。
なんとなくですが、今年は汗の出方が増えてる気がします。
そして、汗が出る→神経の流れが激しくなって辛くなって横になって休む、というのを何度か繰り返しました。軽いけどこれもパニック症状の一種じゃないかと私は考えています。あと今日は頭痛はしなかったです。

横になって休んでいるときは、いつも腕を開いて大の字にしています。腕への神経の流れる感触がスムーズになって楽なんです。20~30分位休んでると激しいのは落ち着くのでまた活動できるようになります。

さっきまで横になっていたのですが、今は神経の流れが落ち着いているのでちょっとブログを書いています。今は軽く肩や腕に疲労感がしています。

明日は体調が良かったら厚木基地の開放イベントがあるので行ってみようと思います。夜はSkype会です。
とっても楽しみです。

では。
まるとん

2018年4月19日木曜日

今日の神経の流れる感触(4/19)

今日は晴れてて外は暑かったです。

室内にいたので汗はほとんど気になるほど出なかったのですが、神経の流れる感触は今日は激しかったです。
夕方から、なのですが、両腕に流れる神経が激しくなって、寒さは感じなかったのに(まるで寒い所にいる時のように)体がぶるぶると震えたりもしました。こういった症状は何ていうのか分からないのですが、これも悪寒というのでしょうか。。
悪寒についてちょっと調べたのですが、自律神経の失調によって起こることもあるみたいですから、そうなのかなと思いました。

それと暖かくなって、手のひらの温度の左右差がなくなったのにも気づきました。
冬の間は右手だけ極端に冷たかったのですが、今は同じ温度感覚になっています。

今日はドライオニックもやりました。
40分ほどやったのですが、めずらしく最初から最後までずっとびりびりとしていました。

では。
まるとん

2018年4月17日火曜日

今日の神経の流れる感触(4/17)

今日は夕方から頭痛がしていました。
ちょっと息抜きにゲームをして緊張というか興奮したのですが、そのせいかなと思っています。
また、夜雨が降り出してそれもあるかもしれません。そうだとすれば気圧の影響でしょうか。。。
いずれにしろ、今も頭痛がひどくて横になっています。
やはり今の私の神経は過敏な状態で、ちょっと働かせるとその反動が来ます。

あと右の足の裏なのですが、今日はものすごく冷たかったです。じんじんして不快な状態でした。汗つぶは出なかったですが、べとつくぐらいになっていました。
お風呂に入った後からは落ち着いているのですが、これも気になりました。

今日はこういった不快な症状が出るのみで、腕や頭に対しての神経の流れる感触はそれほど気にならなかったです。

2018年4月15日日曜日

近況です

ここ1週間は涼しい日があったり、あったかい日があったりしました。
そんな中、電話した際に緊張性の発汗が出てお腹がびっしょりになったりもして、まだまだ不快は汗はたくさん出ています。その日のその後は神経の流れる感触も激しくて、起きるのも辛かったです。
その日以外は割合落ち着いています。

そして、ここ数日、神経の流れる感触としては顔に感じています。
先日は口の右側がぴくぴくとしていましたし、今日は左上唇がはれぼったいような麻酔をかけた後のような、だぼっとした感じが1日中ずっとしていました。

あと、手の平が若干、ほんのちょっとべとつくぐらいになりました。
去年と比べて変化しているというわけではないです。去年も5月ごろから梅雨時にかけて汗がちょっと戻ったかなという感じのことを書いたのですが、今年もそんな感じになってきているということです。
足のボトックスは継続しなかったのですが、足汗も少しばかり増えて気になってきています。ボトックスが切れたのもありますが、去年の日記ではやはり同じように5月ごろ足汗を気にしだしているので、季節がらもあるかもしれません。

まだまだ体調が不十分なため、仕事は結局辞めることにしました。
都心への片道2時間かけての満員電車通勤があまりに辛いこと、暑いときや緊張した時の神経の流れる感触に体が耐えられないこと、頭へ流れることで不安でいっぱいになったりとメンタル面が落ち着かず不安定になること、今までのようにフレックスで服装自由とかだったりすれば何とかなったもののそうでない一般サラリーマン生活の中では汗もかなり出ることがあって隠しきれないこと、など様々な事情からです。仕事内容、同僚、上司のサポート、給料といった面では不満はなかったので続けたかったのですが、時間をかけて考えどうしても無理という結論になりました。

今後のことはちょっと分からないです。回復の過程とすればよくなる見込みがあるわけですが、それでもリバーサル手術を受けて16年と経ってこの状況なので、いつまでかかるか分からないです。もっと体調がひどくなってある所で全快して良くなるのかもしれないし、徐々に軽減していくかもしれないし、最悪のケースとしてこの状態のままか悪化していくのかも分からないです。とりあえず夏を過ぎるまでは無理せず養生するつもりです。

みなさんは状況はいかがですか?

追伸:
Skype会は予定通り21日(土)21時から実施の予定です。参加希望者がいたらご連絡くださいね。

2018年4月9日月曜日

今日の神経の流れる感触(4/9)

まるとんです。

今日は晴れていて暖かかったです。

午後のことなのですが、しばらくの間なんだけど、背中一帯が発熱して熱くなりました。
そのあと夕方から神経の流れる感触が強くなって、横になって休んでいました。
今は神経の流れる感じはしないのですが、また不自然な背中の熱さを感じています。手で背中を触れると背中の中央部のみにうっすらじっとりと汗をかいています。また後で神経が強く流れる感じがするのかもしれません。

このように背中が発熱する、神経の流れる感触が強くなる、という現象は私にとってはもう当たり前のことになっていて、リバーサルを受けた3か月後ぐらいから、もう16年の間ずっと何百回と繰り返していることです。

ちなみにこれがものすごく激しいとき、パニック症状になります。
背中が発熱するだけじゃなくて息苦しくなって汗もだらだらと出て、そして神経のものすごい流れを感じて起きるんです。目の前が真っ白になったり、呼吸が荒くなって座り込んだりといった状態です。しばらく休めば落ち着くのが分かっているので、いつもそうしています。

リバーサル手術で切除箇所のパイパスを作ったから起きていることなんだと、だから回復の過程なんだと信じつつも、神経系の障害があるのかもという不安が最近入り混じっています。

では。
まるとん

投票:ETS後寒さに弱くなりましたか?の結果

今日2つ目の記事も投票の集計結果です。
投票の内容は「ETS後寒さに弱くなりましたか?」です。
投票期間は冬の間の 2018/2/5~2018/3/31 で、32票の回答が集まりました。
私はETS後寒さに弱くなりました。
どのように弱くなったかというと、朝寒いと活動できなかったり、体全体がかじかんだ感じになったりするようになりました。

そして投票での結果ですが、半数が寒さに弱くなり、半数弱が寒さに強くなったという結果になりました。
こういったことについても、個人差がでるんですね。

昔何度かこの「投票」の機能を使っての投票を行っていて、過去の投票結果の記事は こちら(ラベル:ミニアンケート) から見ることができます。

投票:リバーサル手術を受けてますか?の結果

4カ月ほど公開していた投票「リバーサル手術を受けてますか?」の集計結果です。
このブログを見ている人の全員が回答したわけではないこともあってか、リバーサルを受けた人や検討している人が比率として多くなっています。

ただ、「受けようと思っている」が1人と少なかったです。
昔は結構いた気がしますが、受けるつもりだった人はほとんどがもう受けたということかなということでしょうか。

受けていない人は「受けるかどうか悩んでいる」、「国内でするなら考える」、「受けるつもりはない」でちょうど3つに分かれた感じです。

興味深い結果となりました。

2018年4月7日土曜日

今日の神経の流れる感触(4/6)

まるとんです。

あったかくなってきましたが、昨日今日と寒かったです。
やはり暑いよりも寒いときの方が調子は良くて、それでこの2日はずいぶん調子良く過ごしていましたが、今日の夕方からはまた調子を落としました。その後すぐに雨が降ってきたので、そのせいでした。神経の流れる感触がものすごい激しくて、ずっと横になって過ごしました。激しい流れは主に腕に流れ込んでいる感じがしました。

数日前のこと、右肩の神経がバリバリバリ…と音を立てて流れを取り戻す感触がありました。場所は右肩の外側で、ゴムだかビニール状の何かが引っ張って伸びるような、そんな感じがしました。かなり太い神経だったと思います。
前回の記事で調子を落としたのも、この前触れだったのかもしれないです。体調の面でもメンタルの面でも交感神経は影響していて、流れが滞ったり激しく流れたりするのに合わせて、調子を落としています。
その代わり、これでまた回復が進み、神経の流れる感触は速くなるんじゃないかと思います。これから暖かくなるにつれて、その激しさは増すんでしょうね。激しいときは起き上がるのも辛いので、これからのことを考えるとかなり憂鬱です。でも、これは、代償性発汗と引き換えになる感触だと思っています。

今は激しくなったりそうでもなかったりを繰り返しています。激しいときは起きるのも辛いわけですが、そうでもないときは肩はぽきぽきと引っかかる感じにまで戻っています。このあたりがまだまだ時間がかかるだろうなと思う理由です。

明日は福岡から来る友人と会う予定です。
体調は悪いけど、なんとか乗り切って会ってこようと思います。

オフ会を中止にする代わり、Skype会をします。
4/21(土)21時からです。
希望者がいましたら、連絡をお願いします。

では。
まるとん

2018年4月2日月曜日

また体調崩してしまいました

まるとんです。

あったかくなってきましたね。
そのせいもあってか、いきなり体調を大きく崩してしまいました。
腕と頭への神経の流れる感触が激しすぎて、また起き上がるのも辛い状態に逆戻りです。
なんでこんなと思うぐらい、一気に悪化しました。

先週の金曜日に整形外科と神経内科に行って診てもらいました。
レントゲンを撮ったりとしたものの、異常はみつからなかったです。

昔ETS手術とそのリバーサル手術を受けていて、その回復の影響と信じてやってきましたが、実は神経を切ったりつなげたりしたことによる神経損傷で年々悪化しているという可能性もあるにはあると思っています。それについてはどうでしょう、と聞きました。
でも、異常は見つからないので分からないとのことでした。
診断書がもらえないかとも聞いたのですが、異常はないので仕事できるかどうかは自身で判断するようにと言われてしまいました。

週末はものすごい悩んで過ごしました。
家族や友人と相談したりもしました。
2年ほど仕事してなくて、年齢的にもラストチャンスと思って仕事を始めたわけだけど、仕事するのは難しい。仕事するのが難しいというよりも日常生活に支障があります。完全に回復するのを待っていたら何年かかるか分からないし、もうこれ以上良くはならないかもしれない、最悪のケースとしては年々悪化していくのかもしれない。でも、完全に回復するまで、それに賭けて療養するしかないのではないか。。。
リバーサル手術を受けてずっと回復の影響として神経の流れを書いてきました。私がリバーサル手術を受けたのは日本人で2人目なので初期に受けた1人なわけだけど、以降50人近くいて同じような人が全く現れてこない。。神経の流れる感触があるという人はいるにはいるのですが、回復はそれほどは感じられないという声も多い。神経の流れる感触は無いけど、回復は感じているという声を聞くこともあります。そして、実際に手首の神経を切ってつなげ直したという人が後遺症として残った手の震えやしびれの状態の話が、私の両腕や頭に感じている状態に近しいのです。両腕の激しいしびれと震え、そして頭に対してはメンタル面の影響、それにパニック発作といったものもあって、こんなことが今かなり辛い状態です。私は神経の流れる感触と引き換えに回復を実感している当たりなのか、神経を切ったりつなげたりしたことで神経損傷を患ったはずれなのか。。。


リバーサル手術を受けた方へ
もし良かったらみなさんの術後経過を教えてください。
これを見ているみなさんも知りたいと思いますが、私も知りたいです。


オフ会参加予定者へ
体調がこの通りすぐれないので、オフ会は中止とさせてください。遠方から来る友人がいるので、内輪のメンバーだけで個別に会うのに留めることにします。
その代わり、別途Skype会(ボイスチャット)を計画します。


それと足汗なんだけど、先週から右足がかなり増えました。
ちょうどボトックスをやって4か月ですから、ボトックスの効果が切れたみたいです。
つまり、私はドライオニックもボトックスもどちらか一方だけでは十分ではなく、両方やってはじめて完全に足汗が止まるみたいです。これもちょっとショックでした。

では。
まるとん