2018年1月14日日曜日

今日の神経の流れる感触(1/14)

年が明けてから体調不良が続いています。
仕事の日は頑張れるんだけど、そうでない日は起き上がっているのも辛くて、実は先週の3連休と今週の土日は大半を寝て過ごしていました。
例年だと季節替わりの3月半ばとか、梅雨時の6月後半あたりとかにこういった症状は出ていたのですが、今年は今この1月に起きていて、ずっと布団にこもって手を伸ばして仰向けになって過ごしています。

この体調不良はこれから神経が大きく流れて移動する予兆なんじゃないかと思っています。

去年の2月から始まった右肩のぽきぽきというところの神経の流れる感触はとても激しくなってきていて、肩の内側でまだぽきぽきとはいうことがあるものの、ざざざーっと腕に向けて流れるまでになってきました。
この神経はつながりにくかった分、今までつながってきた神経の中でも相当太い神経なんじゃないかと思っています。
それだけに時間がかかっていて、でもこのまま順調に進めば、夏までにつながりきってくれるんじゃないかと、そうすればまた一段と代償性発汗が和らぐのではないかと期待をしています。
ちなみに手の平はまださらさらです。今つながろうとしている神経が手の汗を担っている神経なんじゃないかと思っていて、つながりきれば手の汗の戻り具合も分かるんじゃないかと思っています。

ちなみに今日も足のドライオニックは45分行いました。
週に1回の治療にして1か月半たちますが、効果は継続して得られています。

では。
まるとん

2018年1月6日土曜日

大阪オフ会開催案内(2/10)

ETS手術済みオフ会を大阪で開催します。

日時:2月10日(土) 14:00~
場所:梅田駅に集合を予定
参加資格:ETS手術を受けている方
備考:
・昼の部、夜の部で開催します。
・途中参加/途中退出可、昼の部のみ/夜の部のみ参加も可です。
・mixiの案内はこちら(26番)、Twitterの案内はこちら

希望者はご連絡ください。

まるとん

リバーサル手術を受けて16年になりました

2002年の1月にリバーサル手術を受け、とうとう16年経ちました。

神経の流れは毎日感じていて右腕の流れが少しづつ強くなってはいるのですが、一向に終わる気配はなく、ここ1年では代償性発汗に対してあまり変化は感じなかったように思います。

去年の夏は冷夏だったことと、仕事を休んでいたこととあって、代償性発汗が出ることはほとんどなく過ごせましたが、梅雨どきはTシャツに汗染みがつくほど汗が出ていましたし、8月に旅行した韓国の釜山ではものすごい汗が出て外出不能にまでなっていました。
汗の出るしきい値となる気温・湿度・気圧といった条件はずいぶんと良くなっているものの、まだもっと良くなって欲しいと思っています。

今の季節では全く問題なく過ごしています。
通勤では超満員の電車に乗っているし、暖房が効いてちょっと暑いと思うこともありますが、それでも汗は一切かかないでいられています。特に帰りの電車で汗を出すことが多かったのですが、それがまったくなくなっているのは良くなっている兆候です。

サウナでは顔からの汗が増えているのを感じています。
特にサウナ上がりのほてった体で、顔もほてり顔から汗がだらだらと出るようになりました。そのおかげでその際の代償性発汗の威力も落ちている気がします。でもまだ右腕からの汗はまったく戻っておらず、サウナにずっと入っていてもきらきらするかしないか程度の汗しか出ないです。

手汗の戻り具合ですが、梅雨時に少し手汗が戻りつつあるのを感じましたが今はさらさらです。もう少し戻ってもいいのにといった具合です。足汗は気になるレベルで汗が出ているですが、ドライオニックが抜群に効いており、今は全く問題なく過ごしています。

今年の夏がちょっと不安です。
今まではずっとフレックスだったので超満員の電車は避けることができていたのですが、仕事が変わって超満員の電車で通勤しなくてはならなくなったからです。仕事で外出する機会もあるので、それも気にしています。

今から気にしても仕方ないので、あと半年でもっと良くなって夏を迎えられたらなと思っています。

では。

まるとん

2017年12月31日日曜日

サウナに行ってきました

今日はサウナに行ってきました。
年末の土曜ということもあってか、健康センターはいつも以上に混んでました。
なのでサウナも人がいっぱいでドアの開け閉めが頻繁だったこともあり、いつも以上に長く入り、汗の出方を観察してきました。

まず、頭の汗が一回り増えました。後頭部の汗は減り、増えたのは顔からの汗です。
左腕はぷつぷつになってつながったつぶが流れるほど汗は出ました。右腕はきらきらとなるだけで、汗が出てるかどうか分からないぐらいにしか出なかったです。
お腹は流れ落ちる汗が出ましたが、威力は少し弱まった気がします。

サウナ上がりで休憩してるときですが、ほてった体に対し汗は出たのですが、お腹以上に頭がほてり、(背中からだけでなく)顔からもしばらく汗は出続けました。これは今までになかった画期的な変化でした。

右腕のしびれがずいぶんとなくなっているのですが、右腕からの汗に変化がないです。右腕から汗が出るようになって欲しいです。

今年ももう終わりですね。
来年もよろしくお願いいたします。

では。

まるとん

2017年12月24日日曜日

蒙古タンメン第4弾

今日は蒙古タンメンを食べました。

例によって激辛の北極ラーメンです ^^;

先月も北極ラーメン食べたのですが、その時は顔から汗が吹き出すように出て以前より味覚性発汗は増えたみたいだってコメントしたのですが、今日はそこまでひどくはなかったです。やはり寒い日に食べた方が、味覚性発汗の出方は落ち着くみたいです。

普通に完食しました。

とってもおいしかったです。

では。

まるとん

2017年12月16日土曜日

汗が出ることで起きる不安感のこと

12月も半ばになりました。寒いですね。

今週のことですが、肩の内側でぱりぱりぱりぱり・・・・と音がして、神経の流れる感触を感じました。そんなに大きな音ではないんですが、紙をやぶいた様な、生地が擦れる様な、そんな感じの音で、綿の様な、網の目の様な、そんな流れ方をします。
新しく神経がつながっていることで起きているのか、それともつながったり途絶えたりの繰り返しで起きているのかはよく分からないです。そのくらい何度も起きていることで、私にはもう当たり前の出来事となっています。

代償性発汗は出る日と出ない日があるのですが、出る時は帰りの満員電車で出ています。
でも、大量に汗が出ているときの恐怖感というか不安感に襲われることはないので、気持ちには余裕があります。手を入れると脇が湿っているのに気づくといった具合です。

足汗も完全に止まっており、全く気にならずに過ごしています。
足汗も出ないと全然気にならないもので、悩んでいたことも忘れて過ごせてます。

汗が過剰に出る=不安感に襲われるというのは、私の場合代償性発汗でも足汗でもありますから、そういった生理的な図式があるのかもしれないなとちょっと思いました。多汗症は通常生活レベルの(交感神経の)活動でも汗が出ますから、それが不安感となり、余計汗が出るというサイクルになる症状ではないかということです。代償性発汗はもう生理的に過剰な汗が出るので、その時にはその場から逃げたくなる恐怖感にまでなりますね。何が言いたいかというと、汗のことを気にするなというのは生理的にできない図式があるんじゃないかということなんですけど、人それぞれだし、ちょっと言いたいことがややこしくなっちゃったので、このくらいにしておきます。

今日もドライオニックの治療をしました。治療時間は40分でした。

2017年12月9日土曜日

アンケート:代償性発汗の対策はどうしてますか?の結果

今日2つ目の記事です。
ブログ右欄に付けたミニアンケートの結果です。
※本当は1年間、365日の期限でアンケートを付けていたのですが、300日を過ぎたあたりから何故か投票数が減っているので完了にしました。Bloggerのバグがあるようです。




プロバンサインを使ったり、着替え・インナーと服装でなんとかしているという人が大多数でした。外出しないという人もそれなりにいました。

ちなみに私は対策なしです。

新しいアンケートを作りました。
次はリバーサル手術を受けてますか?です。
右欄にあるので、みなさんやってくださいね。
※投票しても反映されるのにちょっと時間がかかります。自分の投票が入ってないと思うかもしれませんが2、3分待ってリロードすればちゃんとカウントされた結果を見ることができます。

では。

まるとん