コメント広場利用の注意

コメント広場利用の際にはアンケートの記載を必須にします。その後そのハンドル名を利用してください。

2017年11月17日金曜日

新しい仕事と電車通勤

新しい仕事がはじまって電車通勤をしています。
今までの仕事はずっとフレックスだったので比較的空いた時間帯の電車で通勤していたのですが、今度は超ラッシュの東海道線に乗ることになりました。

満員電車に乗ると、この時期でも汗が出ました。行きは大したことなかったのですが、帰りは一回り多くて、Tシャツの上に来ているYシャツまでしっとりするぐらいになりました。
職場では汗は全くかかなかったので特に心配しなくてもよさそうです。

夏までにもう一回り回復して汗が減ってくれないと通勤辛いかもしれないなぁといったあたりが悩みどころです。
今から悩んでも始まらないですね。
新しい仕事、頑張ります。

では。

まるとん

2017年11月14日火曜日

雨が降った時の手のひら

今日は神奈川ではぱらぱらとだけど雨が降ったりして寒かったです。
そのせいでしょうか、手のひらはほんの少しだけど湿り気があり、両指ともべたべた感があるぐらいになってました。
手のひらはがさがさしわしわよりも、つるつるすべすべよりも、少しべたべた感がある方がやっぱり扱いやすいです。

先日右腕に鳥肌が立ったって書いたのですが、今日も右腕から鳥肌が立ってるのに気づきました。
そして気づいたのは寒くても右腕が少し熱を帯びていて、あたたかみを取り戻しつつあるってことでした。左腕ほどじゃないんですが、鳥肌のおかげかもしれないです。いずれにしろ、神経が通って働いているから変化を感じることができるんだろうなって思ってうれしかったです。

まだまだ手のひらの、特に指先の温度は右手だけ冷たいです。
神経の流れる感触はしているので、この冷たい左右差がなくなるまで回復してくれたらなっていうのが、この時期に思う希望です。

では。

まるとん

2017年11月13日月曜日

コメント広場 Page.11

▶ Next
Back ◀
コメントのための専用ページ、11ページ目です。

ETS手術やリバーサル手術について、代償性発汗の対策などの掲示板として、利用してください。

質問はメールではなくこのコメント広場にお願いします。
ハンドル名も名乗らなかったり、ご自身が ETS にどう関わっているかといったことを伝えることもなく、匿名で単発のコメントや質問をするのはルール違反になります。

コメントが投稿されたときにメール通知を受け取る方法があります。
コメント入力ボックスが下にありますが、そこに「お知らせを受け取る」というチェックボックスがあります。
そこにチェックを付けると、ブラウザ上に登録されている Google アカウントでメールを受け取ることができます(チェックを付けたページのみ有効です)。

どうぞよろしくお願いいたします。

2017年11月12日日曜日

手掌多汗症のETS手術切除部位はどこが正しいのか?

私はETS手術に反対派ですが、まずは中立の立場になって、この話題を整理してみたいと思います。

医学的な公式資料の見解
学術的な資料をピックアップしてみます。

T2は代償性発汗が特に激しく出ることが分かっており、今では決して切除してはいけないと考えられています。
その上で見てみると、一部の資料ではT4を切除することを推奨しているものもありますが、他のほとんどの資料はT3のみ切除を推奨しており、近年の研究ではT3のみの切除と考えるのが良いようです。

※注意※
T3のみの切除でも代償性発汗や気力が落ちるなどの副作用を持ちリバーサルを受けた人もたくさん知っています。繰り返しますが、ETS手術を勧めているわけではないです。私が言いたいのは手汗を減らすためのETS切除部位は世界的な研究ではT3のみの切除と考えられているようだということだけです。


ETS手術を行っている医院の切除部位
ホームページで切除部位を公開しているものをピックアップしてみます。
切除部位をサイトで公開している病院の範囲では、T3のみ切除を行っている病院は1件しか見つかりませんでした。ちなみに複数箇所を切れば切るほど代償性発汗は増えるということが書かれている資料もあります(※こちらを参照)。また、T4切除で手汗が十分に止まらず、再手術でT3を切除した人も知ってます。一旦切ってしまえば元に戻せないわけで、それらを本当に考慮している病院はほとんど見つからなかったということです。

※注意※
ETS手術をしている病院は他にもたくさんあります。あくまで切除部位を公開しているサイトのみ扱ってます。その上で、でしかないですが、T3のみ切除をしている病院はほとんど見つからなかったということです。


共通認識のない無法地帯
私が言いたいのはここなのです。
どの病院も自分のやり方が正しいと自信をもってアピールしているんだと思いますが、共通認識が全く無いのです。
そして、世界的に標準となっている(であろう)T3のみの切除をしている病院も、Webで探した限り1件しか見つかりませんでした。

言えることは、この手術は十分に解明されていない、つまり、よく分かっていない手術だということです。


結論
そもそも私はETS手術に反対です。せめて手首あたりで交感神経を弱めることができるならまだわかりますが、胸の中の交感神経幹を切ってしまうのはあまりにももったいないと考えているからです。

その上で、ETS手術ではどこを切るかというのは明確に決められておらず、切る場所は医師独自の見解に左右されています。医師は患者の獲得を目的としていて、最小限の影響とはかけ離れていると考えてもいいようです。

こういったアプローチから見ても、後遺症がきちんと管理されていないのもよく分かります。なぜなら医師は自身のやり方が一番優れていると考え競争しているからです。
年々ひどくなる代償性発汗、のぼせる頭、気力の喪失、冷たい手、疲れやすさ、重たい頭、食欲の減衰、頻尿などなど、また片側遮断をすれば半分だけ過剰に汗をかくことがどれだけ苦痛か、そういったたくさんの副作用があるのにも関わらず、それを医師は認めなかったり過小評価するのもうなずけます。満足度は実際に比べてかなり高い数値がアピールされてると思ってます。

ちょっとタイトルと結論がそれちゃいました。
でも、これが、ETS手術の現状だと思っています。

では。

まるとん

リバーサル手術について書いた記事の一覧 に戻る


2017年11月10日金曜日

祝☆500記事

このブログももう5年以上続けていますが、記事の投稿数がちょうど500になりました。

記事数の内訳ですが、だいたいこんな感じです。
・日々の日記:約300記事
・ETS手術やリバーサル手術のことについて調べたことやまとめたもの:約100記事
・コメント広場(目次含む):50記事
・金魚板のバックアップ:25記事
・英語の記事:4記事

ちなみにですが、私のブログにどのくらいのアクセスがあるかというと、ざっくりこんな感じです。
・夏の間:1日約200アクセス
・それ以外の季節:1日約100アクセス
ただ、誰かがリバーサル手術を受けに行ったときなどコメントの書き込みが流行る時があり、その時は1日に300アクセスを超えたりします。

世間では1日1000アクセスあってやっと1人前のブロガーって言ったりもしますから、そういったのと比べちゃうと弱小のブログだったりします。

でも、リバーサル手術というキーワードで言えば他には無いかけがえのないブログなので、引き続きこのペースでやっていきたいと思います。

では。

まるとん

右腕の鳥肌の復活と味覚性発汗チェック(蒙古タンメン第3弾)

今年もだんだんと寒くなってきましたね。
ETS以降寒いときには腕が冷たくなるようになりましたが、それも気になる季節になってきました。

今朝のことですが、右腕にぶつぶつぶつぶつっと鳥肌が立ちました。
先日右腕は鳥肌立たないって書いたばかりなのですが(※こちらを参照)、今朝の鳥肌が交感神経がつながってきたために起きたんだとすれば、良い兆候かなと思っています。

そして今日は味覚性発汗のチェックをするために激辛ラーメンを食べました。
前回2月に行った時には激辛の北極ラーメンを普通に平らげたって報告したんですが(※こちらを参照)、今日はかなりの汗が顔から流れ落ちました。
ぬぐって食べてぬぐって食べての繰り返しで食べましたから、2月よりも明らかに味覚性発汗は増えてました。

でも完食しました。
スープは飲めなかったのですが、麺は完食です。
辛くて飲めなかったというよりかは、顔汗のひどいのが恥ずかしくてこれ以上飲めず、逃げるように退散しちゃいました。

ちなみに言っておくと、蒙古タンメン中本の激辛ラーメン(北極ラーメンは蒙古タンメンの中でも特に辛い)だからここまでの汗が出るのであって、通常の辛いものや油っこいものではもうほとんど全く味覚性発汗は出なくなっています。

では。

まるとん